6月10日(火)かぞくのじかん講習会・報告

藤沢友の会 茅ヶ崎方面のみなさんを講師に迎え、
6月10日(火)かぞくのじかん講習会 「心豊かな暮らしのための家計術 ~消費税アップでも、わたしらしく暮らす~」 を開催致しました。
婦人の友社の「予算生活の家計簿」の特徴から、「予算」のある家計簿の付け方を学びました。
また「暮らしの工夫」について、たくさんの生活の知恵を学ぶことができました。

【受講生の感想】

・家計簿の費目分けは目的別に行うことを学びました。例えば同じ交通費でも、仕事と趣味と買い物とか、目的が違う。どの目的について、いくら使っているのか知りたいのだから、目的別にした中で、交通費がいくらとする方が、お金の使い道を検討するのに役立つのだなってわかりました。受講して良かったです。(Sさん 40代)

・常備しておくと便利な調味たれや紅茶豚などのレシピが教えてもらえて助かりました。(Kさん 30代)

・「使っているものが未だあるうちは、次を買わない。」これは簡単そうで難しいこと。持ち物の点検をちゃんとして、シンプルに暮らすと節約につながるんだなーって思いました。(Iさん 50代)