村上春樹「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」

村上春樹「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」

小説家・村上春樹さんの3年ぶりとなる新作長編「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」が、
4月12日に発売されることが文藝春秋より発表され、長谷川書店でも予約の受付が始まりました!

特設サイトには村上さんからのメッセージも掲載(上画像)。
同作は村上さんにとって、2010年の「1Q84」以来、ファンには待ち遠しかった新作。
また、文藝春秋から刊行される初の長編小説。

内容やあらすじが表に出ていないだけに、発売日がより待ち遠しい方も多いのではないでしょうか?

文藝春秋4月12日発売 税込み価格:1,785円。
発売後のお取り置き承っております。